防犯

防犯カメラの設置をしておくだけで犯罪から身を守れる

男性

犯罪を未然に防ぐ

犯罪を未然に防ぐためには、防犯カメラのように、第三者の目が必要です。見られていては犯罪は起こせません。個人情報の保護に注意しつつ、適切な運用が求められますが、防犯カメラは自分たちの身を守るための重要なアイテムになりつつあります。

より強固な防犯対策

婦人

犯罪を防ぐ役割

ビデオカメラの発展により、防犯カメラの設置が飛躍的に進んでいます。小売店の店内、家庭の玄関先などで設置され、万引き、空き巣対策として利用されています。現代の技術であれば小さなレンズでも広範囲の映像を記録することができますが、あえて目立つ位置に大型の防犯カメラが設置されていることもあります。撮影されていることを相手に意識させ、防犯対策がされている場所であるということをアピールしているのです。不審人物の所作を記録するだけでなく、犯罪を未然に防ぐ役割が期待されています。防犯カメラの基本性能は映像を撮影し、保存することです。防犯カメラを選ぶ際には、どのくらいの記録が保管できるのか、画像は鮮明かといった点がポイントです。

映像の取扱いが重要

防犯カメラを設置したからといって全ての犯罪を防げるわけではありません。防犯カメラの存在を知っていても強引に侵入してくる不審人物もゼロとはいえないのです。万引き対策であれば店員もしくは専門スタッフをこまめに巡回させる、空き巣対策であれば鍵を開けられにくいものに取り替えるなど、他の防犯対策と組み合わせるとより効果的になります。また防犯カメラに記録された映像の取扱いにも注意が必要です。むやみに公開すると防犯カメラの設置場所が知られてしまいます。映像に不審人物以外の第三者が映りこんでいた場合はプライバシーの問題もあります。おもしろがって防犯カメラの映像を他人に見せないように注意しておかなければなりません。

カメラ映像

犯罪抑止に効果的

監視カメラを設置することで犯罪を発生させずに抑止することができます。常に見ているんだとい感覚を相手に与えるため、犯罪が発生しづらいのです。死角に設置することで効果的に監視カメラを使用することができます。

防犯カメラ

防犯アイテムを賢く利用

最近の監視カメラは、用途に合わせて様々なタイプが発売されています。便利な商品が増えており、設置する家庭も増えている状況です。監視カメラの設置を専門の業者に依頼した場合には、充実したアフターフォローが受けられる場合があります。