セキュリティ

防犯カメラの設置をしておくだけで犯罪から身を守れる

  1. ホーム
  2. 犯罪を未然に防ぐ

犯罪を未然に防ぐ

男性

犯罪の抑止効果

マンションやお店などに設置されている防犯カメラの目的は、犯罪が発生した時に素早く犯人を逮捕することとともに、そもそもの犯罪を事前に抑止することにあります。犯罪者というのは、自分の姿を見られることを極端に恐れていますので、防犯カメラを設置することによって、犯罪の抑止効果が期待できるのです。昔のように往来に人の姿が多く、不審者がいれば目立つような場合であれば、それだけで犯罪の抑止効果になりますが、最近は自動車社会になったせいで往来を歩く人が少ないのが実情です。そのため、少しでも犯罪の抑止効果を高めるためには、防犯カメラの設置が大きな役割を果たします。その意味では、防犯カメラを設置しているということを大々的に宣伝するように看板などを置くことも重要です。

自分たちを守る手段

防犯カメラを設置する主体は様々です。最近では設置費用も安くなっていますし、自分で設置することもできますので、住宅に設置されている場合も少なくありません。また、商店街や自治会など地域住民が設置するケースもあります。いずれの場合も、個人情報保護の観点には注意しなければなりません。個人が設置する場合には、自宅以外の場所を不必要に撮影していないかという問題がありますし、地域で設置する場合には撮影した映像をどのように管理するかという問題があります。ただ、それらの画像が犯罪の早期解決に役立つこともありますので、きちんとした運用が必要です。防犯カメラは自分たちの身を守るために必要なものとして重要になりつつあります。